スマートフォンの音声入力機能の進化

音声認識機能

スマートフォンの音声認識機能といえば、昔は言ったことが全く伝わらないというイメージが持たれていました。どれだけハッキリと話しても自分が伝えた内容と全く違う内容を認識することも多く、役に立たないと思って使っていなかった人も多かったです。また、認識をしてくれたとしても変換が正しくなく自分が入力したかったことが入らず結局自分でタップして文章を入力するという人も多くいました。しかし、ここ数年で音声認識機能はかなり進化をしており誤変換も格段に減っているのです。

この音声認識機能が充実したことでできることもたくさん増えています。例えば、音声認識機能を立ち上げるとただ自分の言ったことを変換してくれて文字に起こしてくれ、その文字も正しい変換で行われます。ただ機能が向上しているだけでなく音を拾うマイクも精度が上がっています。そのため、雑音があるような中で話しても正しく認識してくれるので場所を選ばず音声認識機能を使うことが可能です。

意外と騒音のないところで操作をするというのは難しいものであり、この雑音がある中でも音声認識機能が使えるというのはとても便利なことであり、これが音声認識機能を活用する人が増えている要因でもあります。